駐妻の駐妻による駐在のためのブログ

駐在される方が楽しく過ごすためのお節介オバサンサイトです。

アメリカで、ノロになったら注意すること ~ノロわれてる~

あけましておめでとうございます。

 

私のブログファンのカワイ子ちゃん達お待たせしました(待っていません)

 

 

いやーーー、冬休みが長かった!!

 

色々と色々あって、色々で冬休み的に、ブログが書けない日々が続きました

 

 

もうブログ辞めたと思っちゃいました?

 

それでも、のぞきに来てくれたあなた!

 

 

 

 

愛しているーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

ブチュ💛 

 

 

 

こんな、酔っ払いもビックリのテンションで本日もお送りしております。

 

 

さて、夫が、新年早々ノロウィルスにかかりやがった、かかったので、アメリカでノロにかかったら、必ず注意しなければならないことを記載していこうと思います。 

 

目次的な

 

ちょ、まてよ、そもそもノロウィルスってなんだっけ?

f:id:chuzainyc:20200112135013p:plain

ノロウィルスは、いわゆるお腹の風邪で、特に冬場に流行りやすいといわれています。

 

嘔吐、下痢、腹痛、発熱が主な症状で、ワクチンがないので、ひたすら耐えるという、拷問が待っております。脱水症状には、気を付けてくださいね。

 

潜伏期間(感染から発症までの時間)は24~48時間で、通常1日、2日で治るそうです。

 

ノロってどうやってなるの?

人から感染してもらってきてしまう、というのもありますが、今回夫のケースは、生カキでなったようです。

過熱していない、2枚貝には時々ノロウィルスを持っているものがあるので、生クラムも怪しいですね。

 

生カキなどを食べてから、2日以内に下痢と吐き気におそわれましたら、ノロの可能性が高いそうです。

 

あぁ・・まさかの、子供ではなく夫が持ってくるなんて・・・・イライライライラ

 

感染しないためには

ノロウイルスの主な感染源は、ノロウイルス感染者から排泄された吐物と糞便です。感染者の吐物には1gあたり10万個前後、発症初期の糞便であれば10億個ものノロウイルスが含まれているそうです。

すごい数ですね。

 

そのため、感染者の吐物や糞便には気を付けたいところ。

トイレ以外のところで吐かれてしまった場合には、注意が必要で、もうグーグル先生に聞いてください。

問題は、ノロウィルスの巣窟となっているトイレの掃除ですが、何を使って掃除すればいいでしょうか。

 

お掃除用品はどれを使えばいいのかしら

絶対に使ってはいけないのが、写真一番右のよくある殺菌wipe。

 

f:id:chuzainyc:20200112134438j:image

99.9%殺菌だから、これイケそうな気がする~と思ったら残念!絶対ダ メ !
ノロウィルスは、とても強い菌で、アルコール消毒などでは死にません。


次亜塩素酸ナトリウム(Sodium hypochlorite)の入ったものや、ノロウィルスをやっつけるよ~って書いてあるもので消毒しなければいけないそうです。

 

www.nytimes.com

 

私が購入したのは、写真にある左の2つです。拭き取りタイプとスプレータイプ。スプレーはそんなに使わないので、もっと小さいものでもよかったかもしれません。

 

www.amazon.com

www.amazon.com

 

今のところ家族みんな元気ですが、もし、またブログの更新が遅くなりましたら・・・

 

その時は、私はノロで苦しんでいるかもしれません。。。

 

 

 

 

 

うつったら、夫殴る

 

 

 

 

皆様は健康な冬を過ごされますように! 

では!素敵な駐在生活を!!!